つつみ純子の和文化研究所 公式ブログ

つつみ純子へのお仕事のご依頼、
  ご意見・ご要望等はこちらから

煩悩を 鬼灯の数 飾りおり

つつみの所属させていただいている句会は、
機関紙を出しており、その締め切りが15日。
ずっと前から出されていた課題。
テーマを決めた7句の連作、そして、
連作についてのエッセイも宿題。

テーマさえなかなか決らず、
いつもの句会の3句どころか、
7句を連作!である。
その上、エッセイまで!

結局、FAXを送ったのは、提出期限ぎりぎりの
8月15日夜11時45分・・・

センスがなくて凡庸なのが一番の理由だが、
しか~し、昔はこんなことはなかった。
今誰も信じてくれないのだが、
学生時代は物凄く真面目で優等生だったのだ。
夏休みの宿題だって、夏休みが始まる前に、
殆どやってしまっていたような子だったのだ。
それがいまや締切時間直前まで、
ウンウン唸る人間になってしまうとは・・・

いやいや、これが人間であるのさっ!と
お盆の名残の鬼灯をちょっくら飾ってみようかしら。。

o0320024010234731863